地域の安全を守る消防業界のパイオニア
TOPご挨拶会社情報営業品目トピックス採用情報リンクお問い合わせ
■ TOP
■ ご挨拶
■ 会社情報
■ 営業品目
■ トピックス
   ・官公庁
   ・一般
■ 採用情報
■ リンク
■ お問い合わせ

 
 
 過去のトピックスはこちらへ
  ■ トピックス ■


 松山市消防局 高度救助隊
       「スーパーレスキュー隊」


  平成18年4月1日、松山市消防局では高度救助隊(スーパーレスキュー)を

  発隊しました。大規模災害や特殊災害といった、高度な技術が必要とされる

  災害・事故に対応すべく、高度探索装置(3点)及び地震警報器を導入し、

  災害対応力の向上に努めています。
  


1隊7名2部制の精鋭隊員14名が

配置されています。







四国地区消防レスキュー大会、

松山市防災訓練、愛媛県総合防災訓練

等で、スーパーレスキュー隊による

高度救助用資機材を活用した訓練が

披露されました。



  スーパーレスキュー隊が使用する高度救助資機材には

  電磁波探査装置、水中探査装置、二酸化炭素探査装置、地震警報器があります。

  当社でお納めした電磁波生存者探査装置についてご紹介します。


  [ 電磁波生存者探索装置 ]

  地震、テロ等による破壊建造物、瓦礫等に埋もれた生存者の探査を

  効果的に行える装置です。

  <主な仕様>
  探査装置本体
     重量: 約10kg、外形: 520W×440D×220H(mm)
 
    電源: DC12V  高周波出力: 70mW
    仕様周波数: 1.2Hz帯、 
     探索状態: 液晶画面に探索波形表示と探索音による


  アンテナ
     重量: 約5kg(2本合計)、 寸法: 直径34φ(先端部70φ)×長さ1500mm
     ケーブル長: 10m、 出力インピーダンス: 50オーム

  バッテリー
     重量: 約8Kg、 容量: 24AH、電圧:12V

  <使用方法>
     1. バッテリー、探査装置本体、アンテナを接続し電源を入れる。

     2. アンテナ2本(送信側・受信側)を生存者がいると思われる瓦礫に挿入。

     3. 送受信レベルを調整し、探索を開始。液晶画面に表示される受信波形に
        応じてヘッドホンから音が出る。目と耳で信号をリアルタイムに判断できる。





Copyright(c)2005 IWAMOTO.ALL RIGHTS RESERVED